社会保険料控除証明書が届かないと思ったら該当者ではなかった

今回は社会保険料控除証明書が届かないと思ったら該当者ではなかったというお話をしていきます。



社会保険料控除証明書が届かないと思ったら該当者ではなかった

社会保険料控除証明書が届かないと思ったら該当者ではなかった

年末調整が近づく中、10月25日(月曜)から11月上旬にかけて順次届くはずの社会保険料控除証明書が11月中旬を過ぎてからも届かなかったので、非常に焦りを感じていました。

いつまで経っても届かないので、「ねんきん加入者ダイヤル」を使って問い合わせたところ、私は社会保険料控除証明書が送られる対象ではないことが分かりました。

大きく私が勘違いしていたことは、社会保険料控除証明書は国民健康保険に加入している期間のみ対象になることです。法人化をしたりして厚生年金保険に加入すると、厚生年金保険に加入している期間はそもそも社会保険料控除証明書の対象ではありません。

私は2021年になるまではIT系のフリーランスとして活動し、2021年1月に法人化を行って厚生年金に加入しております。
その2年前には、前納で国民年金を納めておりました。

「ねんきん加入者ダイヤル」に電話することで、現在の状況を丁寧に教えていただきました。
社会保険料控除証明書が届く該当者であると思っているのに、社会保険料控除証明書が届かない人は「ねんきん加入者ダイヤル」に電話して問い合わせてみても良いかもしれません。

終わりに

今回は社会保険料控除証明書が届かないと思ったら該当者ではなかったというお話をいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






税務

Posted by ちこ