openpyxlのget_column_letter関数とは?

2021年9月1日

今回はopenpyxlのget_column_letter関数について説明いたします。



openpyxlのget_column_letter関数とは?

PythonのライブラリにExcelを操作するopenpyxlというものがありますね。
そのopenpyxlにget_column_letterという関数があります。

このget_column_letterは、
from openpyxl.utils import get_column_letter
などによってimportできますが、数値を引数として列名のアルファベットを返す関数です。

例えば、
get_column_letter(1)
とすればExcelの1列目である’A’が返されます。

get_column_letter(3)
とすればExcelの3列目である’C’が返されますね。

パッと見の説明で私は理解できなかったので、こちらで説明させていただきました。

終わりに

今回はopenpyxlのget_column_letter関数の使い方について説明いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






openpyxl

Posted by ちこ