システムテスト用の文字生成ツールのマニュアル

こちらの記事では下記の「システムテスト用の文字生成ツール」の使い方についてご紹介しております。
https://chico-shikaku.com/2020/09/generationg-char-tool-for-system-test/



システムテスト用の文字生成ツールの使い方

基本的な使い方

初期値は「あ」と「10」が設定されております。

例えば、どんな文字でもいいから100文字のテキストが欲しいとします。
エディタを使って数えることは可能ですが、微妙にめんどくさいですよね。

そんなときはこのツールの出番です。
下記の画像のように、「繰り返した結果、表示する文字数(半角数字)」に100を設定しましょう。

その後、「表示する」ボタンを押せば、100文字のテキストを取得することができます。

「あ」以外のテキストの取得

しかし、「あ」一文字の繰り返しだけでは使い勝手が悪い場合もあると思います。
例えば、「テスト文字列」というテキストの繰り返しが欲しいとしましょう。
「テスト文字列」を10回繰り返した60文字が欲しいとします。

そんなときは「繰り返す文字」に「テスト文字列」を、「繰り返した結果、表示する文字数(半角数字)」に60を設定して表示するボタンを押しましょう。
すると下記のように目的の「テスト文字列」を10回繰り返した60文字を取得することができます。

繰り返したい文字が途中で途切れる場合

例えば、「テスト文字列」のうち、15文字分欲しいとします。
「テスト文字列」は6文字であり、15文字欲しい場合は「テスト文字列」を2回繰り返して12文字取得し、残り3文字「テスト」の部分を繋げなくてはなりません。

しかし、この「システムテスト用の文字生成ツール」を使えば上記のことが簡単にできます。
「繰り返す文字」に「テスト文字列」、「繰り返した結果、表示する文字数(半角数字)」に15を設定してみてください。
表示させるボタンを押すと、次の「テスト文字列テスト文字列テスト」が簡単に取得できます。

使い方は以上になります。
ぜひご活用ください。

終わりに

今回はシステムテスト用の文字生成ツールの使い方についてご紹介いたしました。

ソースコードはGitHubで公開しております。
https://github.com/Chico27/system-test-generate-char

【お知らせ】
プログラミングのコンサルタントをすることを考えております。
下記の通り、かなり格安でご用意させていただいております。
【格安】プログラミングコンサル生募集(初心者向け、フリーランス志望向け)

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
https://chico-shikaku.com/2020/10/programming-consult-2020/

11月くらいを目処に開始予定です。
最初は募集があれば先着5名くらいを目安に考えております。
質問や意見、問い合わせやお申し込みは下記のリンクよりお願いいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeTXskmlyPAHuhwiOE9togqJPWdhXYCyRoVnFkkbS0VN0Ftug/viewform?usp=sf_link

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






成果物

Posted by ちこ