真湯(しんゆ)の意味とは?

今回は真湯(しんゆ)の意味についてご紹介いたします。



真湯(しんゆ)の意味とは?

真湯(しんゆ)の意味とは?

結論から言うと、想像がついている方もいると思いますが、真湯(しんゆ)の意味とは温泉ではない普通のお湯のことです。

温泉は湧き水や水道水、井戸水などを沸かしたことのことを言いますが、これらに当てはまらない普通の水道水などを沸かしたものを真湯(しんゆ)と言うっぽいですね。

普通の水を沸かしたものをわざわざ真湯(しんゆ)と呼ぶ機会はないと思います。
温泉との対比で使われそうですね。
「ここは温泉っぽいけど実は真湯(しんゆ)です」と言った使われ方がされるようです。

終わりに

今回は真湯(しんゆ)の意味についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。