「ざっくりわかる日本史の授業」レビュー★★★☆☆

2019年5月7日

今回は富増 章成著の「ざっくりわかる日本史の授業 (王様文庫) 」を読んだ感想についてご紹介いたします。



1.所感

「ざっくりわかる日本史の授業」を読み終わるまでかなりの時間かかってしまいました。
かなり内容がボリューミーです。
まぁ石器時代から現代までを網羅しているので必然的に内容量が多くなってしまうのは当然ですね。

この「ざっくりわかる日本史の授業」はかなり丁寧に、それでいて要点だけをまとめております。
タイトルの通り、”ざっくり”日本史を復習したい方にとっては良い内容となるでしょう。

ざっくりしている分、内容は中学生くらいレベルかもしれません。
理系出身の私にとってはいくつか見慣れない用語が出てきましたが、本書に載っている大部分の用語は中学生で習った気がします。
よってがっつり日本史を復習したい方にはこの「ざっくりわかる日本史の授業」は物足りなく感じるかもしれません。
まぁがっつり学びたい方はこの「ざっくりわかる日本史の授業」を読まないかもしれませんが。

逆に、今まで本格的に日本史を学ばなかった方にとっては、この「ざっくりわかる日本史の授業」はおすすめできます。
歴史は流れで覚えろという格言のようなものがありますよね。
この「ざっくりわかる日本史の授業」を読んで石器時代から現代までをざっくり学ぶことで、幾分か内容が頭に入りやすかった気がします。
今まで漠然と滞留していた知識がこの本を読んでまとまりました。
点と点が繋がって線となるという感覚ですね。
あのスティーブ・ジョブズの言葉のように。

それにしても、高校まで歴史の授業は寝ていました。
今考えるとかなりもったいないですね。
何度授業を真面目に聞いていれば良かったかと思い返しては後悔しています。
日本史とか世界史は覚えるだけで良いのに。
授業中寝ていたツケが今まわってきていますね。

2.終わりに

今回は富増 章成著の「ざっくりわかる日本史の授業 (王様文庫) 」についての書評を書かせていただきました。

大人になるにつれて、歴史や地理の勉強が楽しくなっていく気がします。
大学受験の時は地理を選択していましたが、当時は全然地理ができなかったです。

繰り返しになりますが、非常にもったいないですね。
昔もっと勉強しておけば良かったです。
かといってもっと学歴が高かったとしてもしたいこともないわけですが。

私事ですが、今目標を見失っています。
昔は生活苦だったためなりふり構わず努力していましたが、昔と比べたら努力の必要性がなくなってきてしまいました。
まぁそのうち復活するでしょう。

おすすめ度
★★★☆☆

本を読み放題で読みたいならAmazon Unlimitedへの登録がおすすめです。
Amazon Unlimitedに登録するとAmazon Unlimited対象の本が月額なんと1000円以下で読めちゃいます。
Amazon Unlimitedは下記のリンクから登録できます。
最初の30日間は無料で体験できるのでぜひ試してみてください。
Kindle Unlimitedを無料体験

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。






歴史

Posted by ちこ