論理演算子の「NOR」という言葉の読み方(発音)とは?何の略語?

今回は論理演算子として使われる「NOR」という言葉の読み方や何の略語であるのかについてご紹介していこうと思います。



論理演算子の「NOR」という言葉の読み方(発音)とは?何の略語?

論理演算子の「NOR」という言葉の読み方(発音)とは?何の略語?

結論から言うと「NOR」は「ノア」もしくは「ノーア」もしくは「ノアー」と発音するでしょう。
個人的には「ノア」と発音しており、おそらく「ノア」が一般的な発音の仕方だと思います。

「NOR」は「Not OR」の略語となります。
日本語では「否定論理和」と言われることもあるでしょう。

その名の通りNORは論理演算子としてはORの逆の結果を返し、両方とも偽の場合は真を、それ以外の場合は偽の値を返します。

終わりに

今回は論理演算子として使われる「NOR」という言葉の読み方や何の略語であるのかについてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければブログやTwitterでのシェアをお願いしております。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

直接契約ができるフリーランスエージェント「エンハンス」を立ち上げました。
詳しくは下記LPをご参照ください。
https://enhance.decryption.co.jp/

Youtubeチャンネル開設いたしました。
チャンネル登録者1000人を目指しているので、良いと思った方はチャンネル登録をお願いしたいです。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






IT用語

Posted by ちこ