PostgreSQLでALTER TABLE DROP CONSTRAINTでIF EXISTSしたい場合

今回はPostgreSQLを使っているときにUNIQUE CONSTRAINTSがあった場合にUNIQUE CONSTRAINTSを消したい場合どうすれば良いのかについてご紹介いたします。



PostgreSQLでALTER TABLE DROP CONSTRAINTでIF EXISTSしたい場合

結論を書きます。
下記のようなSQLを書けばユニーク制約があったらユニーク制約の削除が実現できます。

DROP CONSTRAINTの後にIF EXISTSを続ければ良いのですね。

終わりに

今回はPostgreSQLを使っているときにUNIQUE CONSTRAINTSがあった場合にUNIQUE CONSTRAINTSを消したい場合どうすれば良いのかについてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
よろしければチャンネル登録お願いいたします。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






PostgreSQL

Posted by ちこ