プログラミングにおける「コーナーケース」という言葉の意味とは?

今回はプログラミングにおける「コーナーケース」という言葉の意味についてご紹介いたします。



プログラミングにおける「コーナーケース」という言葉の意味とは?

プログラミングにおける「コーナーケース」という言葉の意味とは?

先にコーナーケースの意味についてご紹介すると、コーナーケースとは、「ミスの発生しやすそうなところを突くためのケース」、または「めったに発生しないケース」のことです。

条件分岐の際のミスが発生しやすい境界値をテストケースとして渡すことをコーナーケースとすることがあります。

コーナーケースの他のケースとしては、「ランダムケース」「最大ケース」などが挙げられます。
ここでは詳細を省きますが、他のケースの名前は名称からどんなケースなのか判断しやすく、ランダムケースはその名の通りランダムなケース、最大ケースはその名の通り最大値を渡すケースと言った具合です。

終わりに

今回はプログラミングにおける「コーナーケース」という言葉の意味についてご紹介いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログやTwitterでのシェアOKです。
コメントもお待ちしております。
誤植や勘違いなどございましたらコメント欄にて教えていただけると幸いです。

Youtubeチャンネル開設いたしました。
よろしければチャンネル登録お願いいたします。
https://www.youtube.com/channel/UC219XhmSRxmXltTy6COxSMw






IT用語

Posted by ちこ